【障害基礎年金】どんな年金制度で支給要件は? | kawmyのブログ

【障害基礎年金】どんな年金制度で支給要件は?

※広告を掲載しています
※広告を掲載しています
国民年金

障害基礎年金は障害によって日常生活で制限を受けるような場合に、その人の生活保障を行うために支給される年金給付です。公的年金制度の障害給付は2階建てになっていて、障害基礎年金は1階部分になり2階部分は障害厚生年金になります。

(2階)厚生年金→障害厚生年金・・・所得(報酬)に比例した額の年金
(1階)国民年金→障害基礎年金・・・所得(報酬)に関わらず定額の年金

※報酬とは、賃金・給与・手当・ 賞与その他労働の対償として受けるものすべてを言います。

 

スポンサーリンク

支給要件

原則

初診日(原因となった傷病について初めて診療を受けた日)に ①、②のどちらかに該当していること

①被保険者であること
②被保険者であった者であって、日本国内に住所があり、かつ、60歳以上65歳未満であること

 

障害認定日

障害認定日は①、②でいずれか早い日。

①初診日から数え始めて1年6ヵ月を経過した日

②①の期間内に傷病が治った場合は治った日
※②はその症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至った日(例:切断した場合など)を含みます。

 

保険料納付

初診日が含まれる月の前々月までに被保険者期間がある場合、①、②のいずれかを満たすこと。

①【原則】保険料納付済みの期間と保険料免除の期間を合算した期間が3分の2以上であること

②【特例】初診日が令和8年4月1日前にある場合は、初診日を含む月の前々月までの1年間のうち、保険料納付済みの期間及び保険料免除の期間以外の被保険者期間(未納期間)が無いこと
※65歳以上はこの特例は適用しない。

 

事後重症による場合

障害認定日に障害等級(1級または2級)に該当する状態になったとしても、その後障害の程度が重くなったり65歳に達する日の前日までの間に、同じ傷病により障害等級(1級または2級)に該当する程度の障害になった場合は、その期間内(65歳に達する日の前日まで)に障害基礎年金の支給を請求することができる。
※初診日要件と保険料納付要件を満たしていることが必要

  • 65歳の達する日の前日までに障害等級(1級または2級)に該当し、65歳に達する日の前日までに請求することが必要。
  • 請求することで初めて受給権が発生する。
  • 受給権は請求があった日に発生する。支給はその日を含む月の翌月から開始する。
  • 繰上げ支給の老齢基礎年金の受給者は、事後重症による障害基礎年金の支給を請求することはできません。
  • 事後重症による障害基礎年金は、同じ傷病による障害について旧法による障害年金の受給権を有していたことがあるものについては支給されません。  

 

基準障害による場合

障害等級(1級または2級)に該当しない制度の軽い障害の状態にある者が別の傷病(基準傷病)にかかり、これによりその者の前の障害とは別の障害(基準障害)が発生することがあります。
この場合複数の障害を併合して初めて障害等級(1級または2級)に該当する障害の状態となったときは、その併合した障害の程度による障害基礎年金を支給します。

  • 初診日要件及び保険料納付要件を満たすこと。
  • 障害認定日以後65歳に達する日の前日までの間において併合した障害の状態が初めて障害等級(1級または2級)に該当する程度の障害に該当すること。
  • 初診日が基準障害以外の傷病の初診日以降であること。
  • 65歳に達する日の前日までに、障害等級に該当することが必要。請求は65歳以後にもすることができる。
  • 受給権は障害等級に該当した日に発生する。実際の支給は請求があった月の翌月から開始。
  • 繰上げ支給の老齢基礎年金の受給者には、基準障害による基礎年金は支給されません。

 

20歳前の傷病による場合

20歳前の傷病による障害基礎年金には当然支給型と事後重症型があります。
いずれも初診日要件と保険料納付要件は問われません。

【当然型支給】
初診日において20歳未満だった者が20歳に達した日(障害認定日が20歳に達した日後である時は障害認定日)に障害等級(1級または2級)に該当する状態の時は障害基礎年金を支給します。

【事後重症型】

初診日において20歳未満であった者(その日において被保険者でなかったものに限る)が20歳に達した日(障害認定日が20歳に達した日後である時は障害認定日)後65歳に達する日の前日までの間にその傷病により障害等級(1級または2級)に該当する程度の障害の状態になった場合は、その期間内(65歳に達する日の前日まで)に障害基礎年金の支給を請求することができます。

※初診日において20歳未満の第2号被保険者であった者は、初診日要件を満たしているので20歳前の傷病ではなく、原則的な障害基礎年金の対象となります。

 

併合の調整

障害基礎年金の受給権者に対して、さらに障害基礎年金を支給することになった場合は前後の障害を併合した障害の程度による新たな障害基礎年金を支給します。
この場合最初の障害年金受給権は消滅します。

 

障害基礎年金額

基本的な額

障害等級に応じた額です。
【1級】2級の額の100分の125に相当する額
【2級】780,900円×改定率 (令和2年度価額 781,700円)
※老齢基礎年金の満額相当額が障害基礎年金の基本となる

 

子の加算

受給権者に一定の子供がいる場合は基本的な額に子の加算をした額となります。

子の要件

障害基礎年金の受給権者によって生計を維持していて次の①②を満たす者
①18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子(18歳年度末)
②20歳未満で障害等級(1級または2級)に該当する障害の状態にある子

加算額

子1人につき以下の額を加算します。
この額は出生順位に応じており、障害の状態や年齢は影響しません。

第1子・第2子は224,700円×改定率(令和2年度価額 224,900円)
第3子は74,900円×改定率( 令和2年度価額 75,000円)

対象となる子供が4以上いる場合は、4年目以降はひとりにつき第3子と同じ計算を行います。

増額改定

受給権者がその権利を取得した日の翌日以後に生計を維持するその者の子(子の要件に該当していること)を有するに至ったことにより加算することになった時は、有するに至った日が含まれる月の翌月から増額改定されます。

減額改定

対象となる子が以下の減額改定事由のいずれかに該当した時は、その事由にに至った日が含まれる月の翌月から、至った子の数に応じて減額改定されます。

【子の加算にかかる減額改定事由】
①死亡したとき
②受給権者 による生計維持の状態でなくなったとき
③婚姻したとき
④受給権者の配偶者以外の者の養子となったとき
⑤離縁により受給権者の子でなくなったとき
⑥18歳年度末が終了したとき(障害等級(1級または2級)に該当する障害にあるときを除く
⑦障害等級(1級または2級)に該当する障害の状態にある子について、その事情が終了したとき(18歳年度末までの間にある時は除く)
⑧障害状態にある子が20歳に達したとき

 

障害の程度が変更した場合の改定

障害基礎年金の受給者は厚生労働大臣に対し、障害の程度が増進したことによる障害基礎年金額の改定を請求することができます。(年齢に関わらずできます。)

受給権を取得した日、または厚生労働大臣の申請を受けた日から数えて1年を経過した日後でなければ行うことができません。

障害等級(1級または2級)に該当しない程度の軽い障害『その他障害』は、障害認定日以後65歳に達する日の前日までの間に、前後の障害を併合した障害の程度が前の障害の程度よりぞプシン下ときは改定請求することができます。

  • 初診日要件と保険料納付要件を満たしていること
  • 65歳に達する日の前日までに請求することが必要
  • 繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権者はその他障害の改定請求はできません

 

失権

障害基礎年金の受給権は併合認定の規定により消滅するほか、受給権者が下記いずれかに該当する場合は消滅します。

①死亡したとき

②障害等級(1級~3級)に該当する程度の障害の状態にない者が65歳に達したとき(3年を経過していないときは除く)

③ 障害等級(1級~3級)に該当する程度の障害の状態に該当しなくなった日から数えて当該障害の状態に該当することなく3年を経過したとき (65歳未満であるときを除く)

 


支給停止

【すべての障害基礎年金に共通の支給停止事由 】

①同一の傷病による障害について労働基準法の規定による障害補償を受けることができるとき

②障害等級(1級または2級)に該当尻程度の障害の状態に該当しなくなったとき

支給停止期間は、①は6年間、②は該当しない期間

【20歳前の傷病による障害基礎年金に特有の支給停止事由】

20歳前の傷病による障害基礎年金は共通の支給停止事由に加え、以下の場合も支給停止します。

①政令で定めるものを受けることができるとき

②刑事施設、労役場その他に拘禁されているとき及び少年院その他これに準ずる施設に収容されているとき

③日本国内に住所を有しないとき

④受給権者の前年の所得がその者の扶養親族等の有無及び数に応じて政令で定める額を超えるとき

支給停止期間は、①~③は該当する期間、④はその年の8月から翌年の7月までの1年間

 

まとめ

国民年金では、障害に関する給付も行っています。
障害基礎年金は老齢基礎年金のように65歳以上ではなく、要件を満たしていれば 65歳未満でも 支給されます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

国民年金
シェアする
kawmyをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました