任意継続被保険者になると国保や退職前の健康保険とどうちがうのか | kawmyのブログ

任意継続被保険者になると国保や退職前の健康保険とどうちがうのか

※広告を掲載しています
※広告を掲載しています
健康保険

退職後も会社の健康保険に加入し続ける任意継続被保険者の制度について書きたいと思います。

任意継続被保険者は会社は退職しているので、今まで会社と折半で支払っていた保険料を全額自分で支払うことになります。つまり、保険料は今までの2倍になります。

スポンサーリンク

加入要件

①退職日まで継続して2ヵ月以上会社の健康保険に加入していたこと。

 日雇特例被保険者、任意継続被保険者、共済組合の組合員である被保険者は除く。


②資格喪失の日(退職日の翌日)から20日以内に保険者(健保等)に申し出る


④船員保険の被保険者、後期高齢者医療の被保険者でないこと。

加入期間と喪失日

加入期間は退職日翌日から最長2年間となります。

2年を経過した翌日に喪失します。

その他、死亡したとき、保険料を期日までに納付しなかったときは翌日喪失

※納付遅延について正当な理由があると認められた時は除きます。


被保険者になった時、船員保険の被保険者になった時、後期高齢者医療の被保険者等になった時は当日喪失します。

被保険者の申し出が受理された日の属する月の翌月1日に喪失(2022年1月1日改正)が追加されました。

保険料

退職前に支払っていた保険料の2倍ほどになります。

退職前の標準報酬月額で保険料を算定する際の基礎とすることができるようになったため、上限が無くなったことになります。(2022年1月1日改正)

任意継続被保険者と国保の比較

国保と任意継続保険、どちらに加入したほうが良いのかは自身の状況によります。

         国保                 任意継続保険        
保険料は市区長村により異なります今までの2倍
扶養なし扶養あり
減免措置あり減免措置なし
退職前の給料が低い
独身扶養家族がいる
1年以上働く予定がない1年以内に就職
保険料は収入や世帯人数により決まる
市区町村による
保険料に上限なし

 

任意継続保険のメリットは、扶養家族がいる場合同様に扶養扱いになるので家族の保険料は0円です

デメリットは減免措置が無い.

 

※令和4年1月より法改正がありました

【改正前】

任意継続被保険者は2年経たないと喪失できなかった。

2年経たずに喪失するケースは以下のようなものがあります。

  • 再就職して健康保険に加入したとき
  • 健康保険料を期限までに納付しなかったとき
  • 後期高齢者医療制度に加入したとき
  • 被保険者でなくなった時(死亡したとき、被扶養者になるなど)

 

②保険料の算定方法

健保組合ではこれまで以下2つのいずれか少ない方を計算の基礎とすると定められていた。

  • 会社を辞めた時の標準報酬月額
  • 健康保険組合の全被保険者の標準報酬月額を平均した額

【改正後】

任意継続の喪失を申し出て受理されれば、資格喪失できる。

申し出が受理された日の属する月の翌月1日に資格喪失となります。

(例)5月22日に申し出が受理された場合、6月1日に資格喪失となります。

②保険料の算定方法

健康保険組合のみですが、退職前の標準報酬月額で保険料を算定する際の基礎とすることができるようになった。つまり上限が無くなったことになります。

 

まとめ

退職後の健康保険は国保、任意継続保険の他に自身が家族(配偶者・子供など)の扶養に入るパターンもあります。
年収には失業保険、傷病手当金、出産手当金も含まれます。それらも考えた上で、自身にあった健康保険に加入していただきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

健康保険
シェアする
kawmyをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました